What's new

■公開セミナー「これからの高齢者ケアを支える市民の力」 更新日:2018.09.25
  1. セミナー・研修
    機関名
    一般財団法人明石市産業振興財団
    募集期間
    2018/09/25~2018/11/21
    開催期間
    2018/11/21
明石市産業振興財団・神戸学院大学 主催
公開セミナ―『これからの高齢者ケアを支える市民の力』

日本では長く「福祉サービスは公が担うもの」という時代が続きました。
2000年に始まった「介護保険」はその考えを大きく改め「人がその人らしく生きることを
支えるために」「民間の力を最大限活用する」という方向に舵をきりました。
以降17年、総務省の平成29(2017)年度調査によれば、介護をしている人は約628万人、
うち有業者は約346万人いるとされています。
今後さらに進む超高齢化社会において、今から私たちは高齢者ケアをどのように考えれば
よいのでしょうか。みなさまと一緒に考えていきたいと思います。

日 時  2018年11月21日(水)14:00~16:00
場 所  明石商工会議所ビル 5階 大会議室
講 師  神戸学院大学 総合リハビリテーション学部 教授 備酒 伸彦(びしゅ のぶひこ) 氏
定 員  50名(先着順)
受講料  無 料
申 込  明石市産業振興財団HPをご覧ください。